社外取締役紹介サービスならやっぱり比較サイトがBEST

三角の画像

社外取締役をお探しの方に向けた比較サービス

企業の更なる成長のために、優秀な人材を社外取締役として取り入れたいと考えている経営者の方に向けて、こちらの比較サイトを紹介します。こちらの比較サイトでは、社外取締役の紹介サービスを提供している企業を徹底的に比較しているサイトです。

社外取締役に求めるニーズは、企業によって異なります。そんなそれぞれが抱えているニーズをしっかりと満たした上で、社外取締役を紹介してくれる企業を簡単に探し出すことが出来る便利な比較サイトです。面倒な比較も不要で簡単に利用出来ます。

社外取締役は企業が成長する上で必要不可欠な存在です。だからこそ、しっかりとした人物を紹介してくれる紹介サービスを活用することが重要となります。こちらの比較サイトを活用し、必要としているニーズを満たした紹介サービスを探し出しましょう。そして最適な社外取締役を見つけましょう。

株式会社アイ・アールジャパン

総合評価

利便性

サービス性

情報充実度

利用満足度

 POINT 

  • 信頼性の高い役員を社外から探すことができる
  • ネットワークが広く、多くの人から選べる
  • 候補者のシミュレーションも簡単

社外取締役は自分で見つけるよりも、紹介サービスを利用することが一般的です。最適な社外取締役を見つけることができますし、複数の候補者から選択することもできるからです。今、こちらのサービスを利用し、社外からの人材を採用して経営をするスタイルの企業が多くあります。

株式会社アイ・アールジャパンでは、社外取締役の紹介サービスを行っています。人気の理由は、幅広いネットワークで適切な役員を探すことができる点です。また、サイトからもシミュレーションが可能となっています。

株式会社アイ・アールジャパンの魅力は、ただ役員を紹介してくれるだけではありません。専門のスタッフがアドバイスをしてくれるため、よりぴったりの社外取締役を見つけることができます。

公式サイトはこちら
三角の画像

社外取締役名鑑

総合評価

利便性

サービス性

情報充実度

利用満足度

 POINT 

  • 上場企業の社長や役員経験者を中心に登録されてる社外取締役名鑑を利用することが出来る
  • 前職の出身業界や期待出来る役割、女性候補者からも選択出来る
  • 多くの企業から社外取締役の紹介サービスの依頼が来てる

社外取締役名鑑を運営してるレイスマネジメントソリューションズ株式会社では、社外取締役名鑑や顧問名鑑の事業を行ってます。企業の方で社外取締役の候補者を見つけたい方に、上場企業の社長や役員経験者を中心に登録されてる社外取締役名鑑を利用することが出来ます。

前職の出身業界や期待出来る役割、女性候補者からも選択出来るようになってます。多くの企業から社外取締役の紹介サービスの依頼が来てます。個人で社外取締役として活躍したい時には、登録出来るようになってます。

社外取締役を探してる方に対し、企業の情報を定期的に受け取れるサービスも行ってます。就任希望されてる方は、web上から応募することが出来るようになってます。プレスルームでは、社外取締役のことが定期的に掲載されるのでご活用いただけます。

公式サイトはこちら
三角の画像

キャリアウォーズ

総合評価

利便性

サービス性

情報充実度

利用満足度

 POINT 

  • 経験豊富な候補者が多く登録している
  • 大手企業ならではの人脈、ノウハウがある
  • コンサルタントが採用担当者に密接なアドバイス

キャリアウォーズでは社外取締役の紹介サービスをいっております。社外取締役の仲には顧問や監査役、役員といった様々な役職がありますが、それぞれに役職に適した、経験と知識のある人材を数多く登録しているので短時間でご紹介できるのがキャリアウォーズの特徴です。

キャリアウォーズは紹介サービスの分野では卓越しており、様々な企業に多くの人材を紹介し続けてきました。それ故に多くの企業とつながりがあり、多くの人材を登録していますから、採用担当者の方もキャリアウォーズの登録者の中から、きっとポジションにベストマッチする人材を見つけることができるでしょう。

創業以来数多くの人材、特に経営に関わる重要な人材やエグゼキュティブを様々な企業に紹介してきたインターウォーズが、更に上の社外取締役の紹介サービスもご提供できるというのは、それだけ多くの人材やコネクションがあるという事です。インターウッズを親会社にもつ大手企業だからこそ、責任をもって、人材をご紹介できるでしょう。

公式サイトはこちら
三角の画像

プロフェッショナル人材バンク

総合評価

利便性

サービス性

情報充実度

利用満足度

 POINT 

  • 興味のある事柄のセミナーを受けることができる
  • 法人・個人、どちらにもしっかりサポートしてくれる
  • ピックアップ記事で情報収集ができること

人材の不足は、企業がこれから飛躍していくのを邪魔してしまいます。プロフェッショナル人材バンクでは、社外取締役の紹介サービスを行っています。部下をきちんと、育てることのできる人材を確保することができます。

また、新たな事業を開始するのには、資格を持っている人材が必要になります。ゆくゆくは自社から、資格者を育てていくとしても、事業の立ち上げ時に必要な有資格者を紹介してもらえます。これで、時間をおくことなく、開始することができます。

ちょっと困ったことに手が届き、機を逃すことがなく、進めていくことができるのが、一番のメリットといえます。また、事業に関する記事は、気になる部分を解決する突破口になってくれます。

公式サイトはこちら
三角の画像

パソナ

総合評価

利便性

サービス性

情報充実度

利用満足度

 POINT 

  • 経験ある人材を豊富に登録している
  • その業界に長けた人材を見つけてきてくれる
  • 自分達で探す手間がないからラクチン

人材紹介のパソナでは社外取締役の紹介サービスも行っています。社外取締役というのはその企業の役員とその企業の業務の健全性を第三者の目でみて客観的に判断する役割を担う人です。かなりハイレベルな取締役会のメンバーの一人で、その企業で仕事をしたり、過去に勤務したことがあるような人ではなく純粋に外部視点で物事を見て、判断できる人である必要があります。企業においてこの役割を果たしてくれる人材を探そうと思うと、つい利害関係のある人や知人関係になってしまい公正性を保てない事があるので、パソナの社外取締役紹介サービスを利用して、利害のない、スキルフルな人材を探す必要があります。

パソナの社外取締役紹介サービスには企業人として、或いは有識者として経験や知識を持った人材が多数登録しています。その中でも企業の業態や性質、現在のニーズなどに合致した人材をマッチングさせてくれるので企業側としては会社法で定める社外取締役の定義にバッチリとあう人材を見つけ出す事ができます。

企業側としてはパソナがしっかりとバックグラウンドチェックをした人材を推薦してくれるのであとは役員会で話し合ったり、面接をするだけでOKという簡単なプロセスで、スキルのある人材が見つけられるというのとで各企業から高い評価を得ているサービスです。日本で人材派遣業として良く知られているパソナだからこそできるサービスなのかもしれません。

公式サイトはこちら
三角の画像

人事戦略研究所

総合評価

利便性

サービス性

情報充実度

利用満足度

 POINT 

  • 400社以上の人事制度コンサルティング実績
  • 社外取締役紹介サービスの概要・流れ
  • 豊富な支援実績に基づいた各分野における課題解決力

人事戦略研究所では、さまざまなネットワークや人脈を活かし、企業経営者OBのほか、弁護士、公認会計士、学識者などの専門家の中から、最適な社外取締役候補者をご紹介します。「社外取締役の報酬水準、責任限定契約」「役員評価・報酬制度」「執行役員制度」などへのアドバイス、改定支援も可能です。

紹介サービスは、導入方針や要望を聞き、打合せ、申込み(契約締結)、求人内容の作成・確認、マッチング、候補者の紹介、選考、内定者への対応といった流れで進めて行きます。実際に、社外取締役として就任されるまでは、一切費用はかかりません。

人事戦略研究所とは、株式会社新経営サービスの一機関であり、職種別人事・給与制度を中心に、組織のモチベーション向上、退職金制度改革、人材採用支援、ワークライフバランス推進といった人事戦略のコンサルティングを行う専門家集団です。

公式サイトはこちら
三角の画像

社外取締役の重要性とその存在理由

日本においては、会社の取締役は生え抜きの社員を昇進させて役員につけるパターンが大半を占めています。功労的な意味合いもありますし、会社の事情に精通していますので、取締役会での決定事項を、スムーズに執行部に伝達させ、業務を円滑に遂行することができます。一方で、近年、会社の取締役会の監督機能を強化することを目的として、会社の最高権限者である代表取締役などと直接的な利害関係を有しない、独立性が高い有識者や経営者など、会社外の人間を取締役に選任するケースが出てきています。これが社外取締役です。会社の業務執行には直接タッチせず、過去にその会社や系列会社の業務を執行した経験を有する取締役です。社外取締役を採用することにより、執行機能と監督機能の分離が明確になり、独立性と透明性が高い監視機能を有することが期待されます。

社外取締役の重要性は、同じ会社内の慣習等に縛られないことにあります。新しい発想や理念を取り入れる理由から、社外取締役を導入する会社も増えています。内部昇進した取締役の場合、先輩である社長などに対して意見することは難しい面があります。社外取締役は、業務執行を外部の視点、第三者的視点から、社内のしがらみや利害関係に縛られることなく、公正な目で業務を見ることができます。このことは、株主の利益という視点からも重要になっています。大手企業でも経営不祥事が発覚することがありますが、経営の透明性の担保、株主重視の経営の必要性から、社外取締役の導入が広がっています。会社の経営者としての経験が必ずしも必要とはされませんが、経営を監督する立場であることを勘案すると、経営に対する理解度が高い人材が適格ということになります。業界によっては、単なる経営者としての経験ではなく、具体的な業務に関する深い理解度を求めることもあります。

また、会社に関わる判断をするときに、社内取締役では、公正な判断ができない場合も想定されます。買収や合併は、企業価値を高める可能性が十分にあり、株主の視点から言えば魅力的な場合も考えられます。しかし、社内取締役だけでは、担当業務の保身などから、敵対的買収として交渉の席にさえつかないことも考えられます。このため、第三者的な立場である、社外取締役の意見が重要な意味を持ってきます。さらに、会社が法令違反の業務を行わないように抑止する面がありますが、それとは反対に投資を促すなど、積極策を提言する場合もあります。このため、その会社の事業に関して基本的な経営戦略を理解している必要があるとともに、時代の潮流など外部環境に対する知識も必要とされます。これらの知識の上に立って、会社の経営に対して意見をすることが社外取締役に求められています。