社外取締役紹介サービスならやっぱり比較サイトがBEST

三角の画像

トップ > 社外取締役サービスについて > どうして社外取締役を招く会社があるの

どうして社外取締役を招く会社があるの

社外取締役とは会社の外にいる方が取締役を務める事を言いまして、普段は会社におられませんが取締役会が行われる時は必ず出社されます。
会社の重要事項などを決める場合は取締役会で決議されますが、社内だけで出来ている取締役会の場合ですと、誰も社長の顔を伺ってしまう為に発言がしにくという面があります。
そこで社外取締役がおられる会社の取締役会で有れば様々な面で指摘がなされますので、他の方が社長の顔を見ながらただ頷いているのではなく、様々な意見が飛び交う会議が行われると言うメリットがあります。
また社外取締役には社長が間違った方に行きかけたり、法律に触れるような事をしないように見張ると言う責務もございます。
この様に社長に堂々と意見を言って下さり、導いてくれる立場の方を外部から招く事によって単独主義ではない安定した会社経営が行われるようになります。



社外取締役の定義と求められる役割

社外取締役とは、その言葉のとおり、社外にいながら会社の取締役を務める人です。
その会社やグループ会社の役員などに就任していない取締役です。
会社の経営方針などの重要事項は、取締役会で決定されます。
いかに社長といえども、社長が会社の経営を誤った方向に向けようとした場合や、法令に抵触する行為を行おうとした場合は、取締役会でストップをかけます。
しかし、中小企業などにおいて社長が創業社長であるような場合、生え抜きの取締役では社長に意見することが難しい場合が往々にしてあります。
そこで、社外から取締役を起用して、第三者的な立場から経営をチェックしてもらうことが期待されています。
他社の会長などの役員や役員経験者、弁護士、会計士などの有識者を招聘することが多くあります。
会社の経営の方針は、法令に違反しないことだけでなく、積極策に出る場合もあります。
社会取締役は、株主的な視点からも経営に意見をすることが重要です。



社外取締役を招くことで得られるメリット

社外取締役を招き入れるアドバンテージに関してですが、まず、会社組織外から取締役を導き入れることで、取締役会の議論そのものが活発化することが望めます。
元来自分の会社内の取締役だけにより形成されている取締役会においては、ほとんどのケースで、もうすでに結論が出されている議題を形式的のみ議論を行っているようなこともあります。
そして、本当のことを言うとまったく異なる方法のほうが会社組織にとりまして実益をもたらすかも知れないにもかかわらず、会社の代表の顔色をみて意見を言及しません事なかれ主義的な流れに見舞われてしまい、取締役会そのものが元来の機能性を遂行していないケースがあります。
ここのところに、会社外からの新鮮な風を吹き込むことを通して、アピールしたいことをアクティブに言う流れに変わり、取締役会の議論が活発化するメリットにつながります。