社外取締役紹介サービスならやっぱり比較サイトがBEST

三角の画像

トップ > 社外取締役サービスについて > 果たしてなぜ社外取締役を設置するのか

果たしてなぜ社外取締役を設置するのか

社外取締役についてですが、株式会社の取締役であり外部の目から企業経営を調べていくことをこなしています。
では、果たしてなぜ古くから続く日本企業ほど社外取締役を設置した方が良いのでしょうか。
それは、世の中の変化にそってきちんとした事業活動を行っていくためです。
また、似たような話ですが、実際経営者が長い間在籍している企業ほど設置がないといったことも真実です。
当たり前ではありますが、これにも色々な理由があります。
その理由はどのようなことかというと、経営者が自身のおもっている通りに経営を進めていきたいということが大きいでしょう。
ただし、社外取締役を設置することに対し意欲がわかない企業については、しばらくすると自身の会社内の組織文化にエネルギーを過剰に注ぐことにもなります。
結果的に、世の中の変化を把握しきれなかったり、その変化に対しきっちり行動を起こせなかったりします。



社外取締役を設ける理由には一体何があるのか

社外取締役に関してですが、株式会社の取締役であり外からの目により企業経営を見ていく存在でもあります。
なぜ、以前から続く日本企業ほど社外取締役を設けた方がプラスになるのでしょうか。
それは、世間の動きを見ていき適した事業活動に取り組んでいけるからです。
そして、重なる話でもありますが、実際のところ経営者が長いスパンで在籍している企業ほど設けていないことが多くあります。
もちろんにはなりますが、このことには様々な理由があります。
その理由は一体何なのかというと、経営者が誰にも指図されずに経営を行いたいという部分がほとんどでしょう。
ですが、社外取締役を設けることに関してあまり興味を示さない企業は、将来的に自社内の組織文化に必要以上に専念してしまうことにもなります。
ですから、世の中の変化がわからなかったり、その変化への対応を怠ってしまう恐れも出てきます。



社外取締役の良い点と悪い点とは

企業の取締役に社外取締役を招く場合、良い点と悪い点があります。
良い点としては、会社の外から取締役を招くことで、取締役会の議論が活き活きしてくるということです。
本来会社内の取締役のみで作られている取締役会においては、多くの場合早くも答えが出ている議題を適当に議論しているようなことも実際にあります。
そして、本心では違ったやり方の方が会社にとって利益があるにも関わらず、社長の存在を気にしすぎてしまい、言いたいことを言えない流れになってしまいます。
よって、取締役会が本来の役目をしないままのケースもあります。
ここに、会社の外から他の意見を持っている人間を送ることで、取締役会での議論が活き活きしてきます。
一方、悪い点としては、社外取締役の割合が多くなると、議論が活き活きしてくることには期待が持てますが、議論をまとめる力がある経営者がいなければなりません。

次の記事へ