社外取締役紹介サービスならやっぱり比較サイトがBEST

三角の画像

トップ > 社外取締役サービスについて > 理解しておきたい社外取締役の重要な役割

理解しておきたい社外取締役の重要な役割

社外取締役につきましては、経営陣が違反していないかなどどちらかといいますと守りの角度から監視を行なうという様に先入観を持たれがちです。
あらためていうまでもなくこのことは重要ですが、時と場合によってはディフェンスだけではなく、攻めもする必要があります。
ひとつの例として、さらに投資すべきとかです。
それを現実にするには、会社のビジネスに対する勘所が分かってる方が理想的ですし、ベーシックな戦略を把握している必要性があります。
外部環境に対しての専門的な知識も存在した上で、会社組織なども理解しておくべきといえます。
それに加えて主要な人事も取締役会の決定事項の為、ネットワークの持つ人物感も把握しているべきです。
加えて、会社にとりまして重要なことは理念ですので、会社の理念もきちんと覚え、経営陣が理念からずれていないかも確認することが重要な役割といえます。



社外取締役は意思決定に参画することが求められます

意識していなければならない事としまして、社外取締役につきましてはその企業の経営陣そのものだということがあげられます。
経営に関しましては、煩雑なものと言えます。
経営陣という形で困難で不確かな状態のもとで、要点をとらえた意思決定をする必要があります。
社外取締役には、その気持ちの持ち方が求められると言えます。
しばしば、なにかしらのフィールドに限定した専門家を社外取締役にポジショニングするケースがあります。
専門フィールドのポイントを通して経営の議論に対してエントリーできるのなら良いのですが、経営という形ではなくその分野だけのアドバイスであれば、これに関しては顧問、あるいはコンサルタントというような肩書で十分といえます。
あくまでも経営陣の仲間入りするわけですから非常に重要な意思決定に取り組む責任を担うことになります。



社外取締役の取り巻く状況と今後

コーポレートガバナンスの補強に向かって会社法が改正されています。
改正の非常に大きな要点は、取締役会に関しての監督機能の厳格化があります。
その結果重んじられるのが社外取締役になります。
セッティングしやすくするため、新たな形で監督を主眼とする機関創設の制度も設けられています。
社外取締役の義務化に関しましては見送られていますが、置かないケースでは株主総会で理由が必要です。
それに加えて東京証券取引所に関しては、1部、2部上場企業に対しまして、社外取締役2名超の選任を義務化する規則を適用しています。
導入しないまま、その上責任を果たさない場合は罰則適用という手を緩めないルールになっています。
以上のように外側からの有効活用をうながす働きかけが進行しています。
そして、この傾向は今後ますます強めていくと考えられています。

次の記事へ