社外取締役紹介サービスならやっぱり比較サイトがBEST

三角の画像

トップ > 社外取締役サービスについて > 社外取締役の利点と欠点とは何か

社外取締役の利点と欠点とは何か

企業の取締役に社外取締役を設ける場合、利点と欠点があります。
利点についてですが、社外から取締役を呼ぶことより、取締役会で行われる議論が勢いづいていくということが挙げられます。
本来社内の取締役のみで作られている取締役会においては、すでに結論がわかっていることを単純に議論をしていることも実際のところあります。
また、本当はこれまでとは異なる方法の方が会社にとっては利益アップにも結びつくのに、社長の顔色を見て自分の意見を出せないままの場合があります。
したがって、取締役会がもともとの役目を果たせないまま終了してしまいます。
ここで、社外から真新しい存在を取り入れることにより、取締役会で行われる議論が勢いづいていきます。
ただし欠点についてですが、社外取締役の割合が増えることにより、議論が勢いづいていくのは事実ですが、それをまとめてくれるパワーのある経営者が必要不可欠となってきます。



社外取締役のメリットとデメリット

企業の取締役会で社外取締役を招く場合、メリットとデメリットがあります。
メリットに関してですが、会社の外から取締役を取り入れることにより、取締役会での議論が活き活きするということが挙げられます。
もともと会社の内部だけで構成された取締役会に関しては、ほとんどの場合早めに結論が出ていることをただ単に議論していることも事実です。
そして、実際は今までとは別のやり方の方が会社にとってはプラスになるにも関わらず、社長の存在がもとで自身の意見を発信できない場合があります。
よって、取締役会が本来の役割をこなせずに終わってしまうこともあります。
ここで、会社の外から新鮮な風を取り込むことにより、取締役会での議論が活き活きしてとしていきます。
その一方で、デメリットに関してですが、社外取締役の割合が多くなってくると議論が活き活きしてくるのは事実ですが、その議論を仕切ることが可能な経営者がいなければならないことが挙げられます。



社外取締役に対して求められる役割

これまでの日本企業においては、取締役は社内の生え抜きが大半でしたので、意思決定が内向きになりがちです。
このため、社外取締役を増やし、取締役会に社外の意見を反映させることを意図しています。
長期的に企業の競争力と価値を高めるために、経営や取締役の業務執行を第三者的な視点から意見を述べることが目的です。
企業の競争力と価値を向上させるためには、取締役会による迅速な意思決定と執行部による機動的な業務遂行が必要となりますが、この意思決定や業務遂行に意見を述べることが社外取締役の役割と言えます。
学識経験者や弁護士など、経営者としての経験を有しない人が就任する場合もありますが、経営に対する理解度が高い人材であることは必須条件です。
具体的な業務内容に対する深い理解が求められることもありますので、同じ業界の出身者の方が適任であるとも考えられます。
また、企業価値を高める可能性がある買収や合併に関しても、社内取締役よりも社外取締役の方が冷静に判断することができます。

次の記事へ