社外取締役紹介サービスならやっぱり比較サイトがBEST

三角の画像

トップ > 社外取締役サービスについて > 社外取締役の良い部分と悪い部分

社外取締役の良い部分と悪い部分

企業の取締役会に社外取締役を設ける場合、良い部分と悪い部分があります。
良い部分については、会社の外から取締役を設けることで、取締役会で行われる議論が活気づいてくるということです。
もともと会社の中の取締役だけで構成されている取締役会では、数多くの場合はっきりと結論が出ていることを議論していることもあります。
それから、実際は異なった方法の方が会社にとって利益が上がるかもしれないというのに、社長の顔が気になっておもっていることを口にできない雰囲気になってしまいます。
ですので、取締役会が実際の役割を発揮していない場合もあります。
ここで、会社の外から新鮮な風邪を取り入れることで、取締役会においての議論が活気づいていきます。
悪い部分については、社外取締役の割合が増えると議論が活気づいてくることはのぞめますが、議論をしきるだけの腕を持つ経営者の存在が必要になります。



社外取締役の良いところと悪いところ

企業の取締役に社外取締役を設置する場合、良いところと悪いところがあります。
良いところに関しては、会社外から取締役を入れることで、取締役会で繰り広げられる議論が良い雰囲気になっていくということです。
社内のみで形成されている取締役会は、多くの場合早い段階で答えがわかっていることを、単に議論しているだけということも実はあります。
それと、本当は別のやり方の方が会社にとっては利益アップにつながるにも関わらず、社長の存在が邪魔で意見を口にできずに終わる恐れもあります。
ですから、取締役会がきっちりした役目を果たせずにすんでしまうこともあります。
ここで、社外から真新しい風を取り入れることで、取締役会での議論が良い雰囲気になっていきます。
その一方で悪いところに関しては、社外取締役の割合が増加してくると議論が良い雰囲気になってくるのはよいですが、それをまとめ上げるだけの技量がある人間がいなければ厳しくなるということです。



社外取締役の良いポイントと悪いポイント

企業の取締役に社外取締役を招く場合、良いポイントと悪いポイントがあります。
良いポイントですが、会社の外部から取締役を招くことにより、取締役会の議論が活性化してくるということです。
本来会社内の取締役だけで作り上げられる取締役会においては、ほとんどの場合すでに答えが確認できていることをただ議論しているだけということもあります。
あとは、実際はまた違ったやり方の方が会社の利益が上がるにも関わらず社長の存在を気にしてしまい、言いたいことを中々言えなくなってしまいます。
これにより、取締役会がもともとの機能を果たせないまま終了してしまうこともよくあります。
ここに、会社の外部から異なった風を吹き込むことにより、取締役会での議論が活性化していきます。
その反対に悪いポイントですが、社外取締役の割合が多くなっていくと、議論が活性化してくるのは期待できますが、議論をまとめる力のある人間がなんとしても必要となってきます。

次の記事へ